個性ある実力派ヘアスタイリスト集団! C・crew が想い描く” Groovy なヘアスタイル”全スタッフ全スタイル紹介【中編】

磨き上げた技術×こだわりのセンスで、実力派人気サロンの C・crew。スタイリストもそれぞれのセンスが光っています。そこで、全スタッフが集結し、bangs企画にむけてオリジナルのヘアスタイルを一日かけて撮影! cool でスタイリッシュなヘアスタイルを前中後編にわたってお届け。前編のスタイルづくり密着編に続き、中編ではC・crewの全スタッフが集結 !2021年C・crewヘアスタイルを発表します。

>後編を見る

SPECIAL CONTENTS

2021.09.07

  • ccrew
  • #全スタイル紹介
  • ヘアスタイル
  • 作品撮り
  • 有名美容師
  • 有名美容室
  • 森田怜
  • 内山俊平
  • 桑原大貴
  • SKILLS
  • BEAUTYDESIGN

INDEX

目次

【Neo Discotic】 ネオディスコティックヘア

C・crew/内山 俊平

-今回のテーマをお聞かせください。

テーマは「Discotic」。ディスコっぽいレトロさと今どきっぽさをmixしました。ファッションは、赤と黒のビビットな色合いと黒のスパンコールが印象的なトップスをチョイス。ビルの窓が太陽の光で反射してミラーボールっぽいなと思い、C・crewの屋上で撮影しました。ヘアはやりすぎないでナチュラルに仕上げ、今っぽさをプラスしています。

-今回の作品スタイルのこだわりは?

足すところと引くところを意識して、作品のトータルバランスを特に気を付けました。例えばヘアは、もともとくせ毛っぽいナチュラルさを出すために、コテで巻いたらすぐに崩しています。冷ましながら毛をほぐすと、巻いたとおりに形作られないので、絶妙なシルエットに仕上がるんです。サロンワークだと、巻いたとおりに冷ましてスタイルをつくるんですが、今回のやり方は、僕なりの撮影テクニックですね。

-今回のヘアスタイルに名前を付けるとしたら?

ネオディスコテック×ナチュラル

-C・crewの強み、また魅力とは?

メンツが濃い! それぞれ好きなものやスタンスは個性的でバラバラですが、C・crewとしてのゴールは同じところを見ているんです。家族よりも家族だなと感じることがあります。上下関係というよりは、横並びでお互いに支え合い、助け合っている最高の仲間です。

PROFILE

プロフィール

C・crewOwner

内山 俊平 (Syunpei Uchiyama)

【Classic ludo street】クラックルードストリートヘア

C・crew/有山 滉大

-今回のテーマをお聞かせください。

クラシックな雰囲気の中に、海外のちょい悪おやじのテイストをいれました。普段からメンズスタイルを推しているので、他のサロンにはない、C・crewっぽい男らしいスタイルに挑戦。ファッションはウエスタン調のシャツに、太目のストライプパンツと革靴で、クラシカルな印象にまとめています。普段からお世話になっている古着屋【レモンティー】にも協力していただき、アーミーが私服で着ていそうなイメージを固めていきました。

-今回の作品スタイルのこだわりは?

男臭さとオシャレっぽさをマッチさせるためにいろいろと工夫しました。ヘアは元々のパーマをいかしムースでカール感を出してから、全体にバームをつけてシルエットをつくり、生え際の立ち上がりにグリースを使っています。質感はセミウェットにして、色っぽさを出しました。

-今回のヘアスタイルに名前を付けるとしたら?

クラックルードストリート

-C・crewの強み、また魅力とは?

技術です。サロンワークで創り上げるカッコいいスタイルと、本人たちのラフな雰囲気がいいギャップだなと感じます。それぞれ打ち出すスタイルが決まっていて、そこにプライドがあるのでぶつかり合うこともありません。それぞれ高い技術を持ち、スタッフが個性的なので、お客さまもさまざまな方が来店してくれて、いつも賑やかです。

PROFILE

プロフィール

C・crewdirector

有山 滉大 (Koudai Ariyama)

【Korean Street】コリアンストリートヘア

C・crew/皆元 紬

-今回のテーマをお聞かせください。

元々大好きなジャンルが【コリアンスタイル】だったので、すぐに決まりました! 日本も韓国ブームでコリアンスタイルの定番イメージがあると思います。ちょっとだけ意外性を狙いたくて、ファッションはカジュアルでストリートな雰囲気を取り入れました。ヘアはウェーブで動きをつけて、韓流っぽい女性らしさを出しています。

-今回の作品スタイルのこだわりは?

【再現性】です。「マネできるかも」と思ってもらえるように、あえて簡単なスタイリングにしています。私のお客さまでもアイロンが苦手な人がいるので、その人たちでも再現できるくらいの難易度。顔回りはすべて外に巻き、内側をウェーブでゆるく巻くだけです。それだけでも、韓国っぽい女性らしさが演出できるんですよ!

-今回のヘアスタイルに名前を付けるとしたら?

コリアンストリートスタイル

-C・crewの強み、また魅力とは?

私は今年の一月からメンバーとして参加しています。入ってよかったと心から思うのは、スタッフが情に厚く、感謝の気持ちで接してくれるところ。年齢が離れていても助け合い、わからないことや悩みがあったらとことん付き合ってくれます。後ハイが成長できるように、先パイたちがいつもサポートしてくれるし、10年以上美容師を続けた先のキャリアステップを見せてくれてカッコいいなと感じています。

PROFILE

プロフィール

C・crewスタイリスト

皆元 紬 (Tsumugi Kaimoto)

【Chups】チャップスヘア

C・crew/サリー

-今回のテーマをお聞かせください。

自分が大好きな「カジュアルガーリー」をぎゅっと詰め込みました。サロペットなどカジュアルファッションにして、レースやパール、ぐるぐるにまとめたヘアでガーリーさをMIX 。普段SNSでヘアアレンジを推しているので、今回もヘアアレンジで勝負しました! 柄物も好きなので、ヘアアレンジのアクセントとして使っています。

-今回の作品スタイルのこだわりは?

ほぐしのバランスです。ヘアアレンジはちょっとしたことで雰囲気が変わるので、撮影アングルをイメージして練習を重ねました。髪質も仕上がりに関係してくるので、当日モデルさんのヘアを確認して、最終調整しながらアレンジ。また、撮影アイテムもこだわっています♪! チュッパチャップスやパプリコなどカラーや形が可愛いお菓子をチョイスして、ガーリーな世界観を深めています。

-今回のヘアスタイルに名前を付けるとしたら?

Chups (チャップス)ヘア

-C・crewの強み、また魅力とは?

スタッフ一人ひとりがお客さまを大切にしていて、お客さまもスタッフを慕ってくださっている関係性がC・crewの強みです! わたしもスタッフのことが大好きです。悩みがあると、誰に相談しても一生懸命向き合ってくれる愛情深いメンバーばかり先パイたちにたくさんお世話になっているので、デビューしたら新しいジャンルを確立して、恩返ししていきたいと思います!

PROFILE

プロフィール

C・crewアシスタント

サリー (Sally)

【Psychedelic retro hippie】サイケレトロヒッピーヘア

C・crew/岡本 幸奈

-今回のテーマをお聞かせください。

今回はモデルさんから決めてスタイルを作りました。実は、彼女は美容学校の同級生。彼女のカッコいい雰囲気を見て、作ってみたくなったのは新しいヒッピースタイル。ムードを左右する衣装選びは、徹底的に探しましたね。黒髪ヘアをより印象付けるゴールドのスパンコールや赤いトップス、透け感のあるブラウスなど異素材を重ねあわせ、インパクトのあるコーディネートにしました。

-今回の作品スタイルのこだわりは?

メイクです。衣装がインパクトのある鮮やかなレッドだったので、同じカラー調にして統一感を出しました。ヒッピーの雰囲気を出すため、メイクはマットな質感に。今年新卒で入社したばかりのスタイルづくりだったので、いろんな先パイにアドバイスいただき、イメージに近づけていきました。

-今回のヘアスタイルに名前を付けるとしたら?

サイケレトロヒッピーヘア

-C・crewの強み、また魅力とは?

就職活動中に客としてサロンに来たとき、とにかくスタッフみんなのパーソナリティーが印象深くて…。挨拶ひとつとっても心から声をかけてくれているのが伝わってきましたし、仲のよさ、スタッフの人柄、いろんなところに魅力を感じて、応募しました。入社した今もその気持ちが変わりません。C・crew の“C”はchallengeという意味も込められているので、私もたくさんのチャレンジをしていきたいと思います。

PROFILE

プロフィール

C・crewアシスタント

岡本 幸奈 (Yukina Okamoto)

【Neo retro】ネオレトロヘア

C・crew/桑原 大貴

-今回のテーマをお聞かせください。

90年代初めのハイスクール、カレッジっぽいイメージで作りました。最初にシチュエーションやポージングを決めて、そこからスタイルに似合うモデルさんにお願いしています。普段から構図などのイメージを固めてから、撮影に入ることが多いです。

僕は今年の春からC・crewに入社したので「挑戦」の意味も込めました。前サロンとは、お店の雰囲気や発信するスタイルも違うので、今までやったことのない作品を手掛けようという思いで、挑んでいます。

-今回の作品スタイルのこだわりは?

自然体」。今回は、もともとのパーマを活かして、コテは一切使用せず、ミルクタイプのトリートメントのみで仕上げています。炎天下での撮影だと水分が蒸発してパーマが乾燥するので、フワっとエアリーな質感を保つように気を付けました。

-今回のヘアスタイルに名前を付けるとしたら?

Neoレトロ

-C・crewの強み、また魅力とは?

中途でC・crewに参加して、率直に感じたのは、めちゃくちゃ仲が良いこと。スタッフ間の絆が強いですね。月に一回はどこかに出かけるなど、家族っぽい関係性です。思ったことを腹割って話せる空気感もいいですね。あとは、ヘアスタイルだけじゃなくてトータルビューティーへの追及心が強く、刺激を受けています。これからもメンバーと共に、デザインを追求し、C・crewそのものが一つのブランドジャンルになったらいいなと思います。

PROFILE

プロフィール

C・crew副代表

桑原 大貴 (Taiki Kuwabara)

C・crewの、Groovyなヘアスタイル中編、いかがでしたでしょうか? 6名の美容師がそれぞれのジャンルを追求し、磨き上げた技術力でハイクオリティーな作品を生み出しています。 後編は、さらなる6名がスタイルを披露! お楽しみに♪!

SHARE

シェアする

EDIT

編集

RECOMMEND

関連記事

NEW

新着記事

HOT TOPICS

注目記事