FEATURE特集

No Iron x No Permカットオーダーだけで仕上げたスタイル

after

ラフセミディ

全体的に重い上に前髪も厚めにとっていたため、すっきりさせながらも束感をつくり、動きのあるヘアにチェンジ。ワックスをもみこんだ際に束感が適度にでるようなヘアにするためには、量感調整がポイント。元々あった重さは生かしながら、毛を間引くようにカットをすることで毛束感がでてスタイリングがしやすいようになります。さらに、トップのみデザインレイヤーをプラス。こうすることで、コテなどで巻いた時に毛束感がよりでて表情がつき、アレンジも楽しめるように。おでこが透けるようなシースルーバングも、ラフな柔らかさを演出します。

before

Q&Aよくある質問や悩みにスタイリストがお答えします!

  • Q.1クセ毛に悩んでいて、縮毛矯正をしたいです。でもカラーもしたいです。同時に施術は無理だと言われ縮毛だけしました・・・どのくらい期間を空ければ、カラーもできますか?答えを見る
  • Q.2髪が多くてまとまらないのが悩みです。髪を下ろしたい時にはワックスを使うほうが良いですか?オイルとかのほうがいいですか?今ミディアムヘアです。答えを見る
  • Q.3寝てる間に摩擦とか寝ぐせとかで傷まないか心配です。髪は結んで寝たほうが傷まないですか?
    答えを見る